• ごぜんどころ

「消化」~見えない力~

身体の神秘的な機能「消化」

食べ物は人の身体に入ると、栄養が吸収できるように分解し必要な栄養素を吸収する。

栄養を吸収するまでには様々な器官が協力し合って働いている。

今回はこの見えない力、消化について見ていこう。




では、まずは食べ物がどういう過程で消化されているか消化の流れを見ていこう。


【食べ物の消化の流れ(食べ物が口から入り便となるまで)】


 ①口(歯、舌、唾液)、のど

  口に入った食べ物は歯と歯で潰されて、唾液と混ぜ合わされる。

  この段階で食べ物は細かくすりつぶされ、物理的に小さくなる。

  細かくなった食べ物をのどを通り食道に運ばれる。

                 ↓

 ②食道

  のどを通った食べ物は食道のぜん動運動により、ゆっくりと胃に運ばれていく。

                 ↓

 ③胃

  胃に辿り着いた食べ物は胃液により殺菌・分解される。

  殺菌・分解され、ドロドロになった食べ物は胃のぜん動運動により十二指腸へ

  送られる。

                 ↓

 ④十二指腸、すい臓、肝臓、胆のう

  十二指腸に辿り着いた食べ物は「すい液」(すい臓で作られる)と「胆汁」

  (肝臓で作られ、胆のうで濃縮される)により更に小さく分解されていく。

  その後、小腸へ送られる。

                 ↓

 ⑤小腸(空腸、回腸)

  小腸ではゆっくりとドロドロの食べ物を動かして更に小さく分解しながら食べ物の

  栄養素を吸収し、大腸に送る。吸収された栄養素は血液中に運ばれる。

                 ↓

 ⑥大腸(盲腸、結腸)

  大腸では腸内細菌等により更に食べ物を分解し、栄養を吸収する。

  ここまでで残った食べ物とその他の物質が混ぜ合わさり便となる。

  その後、便は直腸に送り込まれる。

                 ↓

 ⑦直腸

  便が直腸に送り込まれると人は便意を感じ、排便する。


消化の要点だけを書いたがこれでも多くの器官がそれぞれの役割りを持ち、殺菌したり

分解したりして食べ物から栄養を吸収していることが分かると思う。

身体にはそれぞれの器官が必要であり、この器官たちが手を取り合い働いているから

私たちは健康に生きていられる。












この働きは残念ながら私たちは見ることはできないが、食べ物が身体を通っていく

感覚は感じることが出来る。

食事をして食べ物が胃に溜まっている時は「あ、胃が頑張っているんだな」

と感じて欲しい。

そして出来れば胃に感謝して欲しい。

からだはいつでもあなたの味方だから。

みんな毎日頑張っているから。

いつもありがとうと伝えて欲しい。

あなたにとって「からだ」が宝になるから。


                         ごぜんどころ