• ごぜんどころ

からだと運勢 ~簡単開運習慣~


驚くかもしれないが身体と運勢というのは直結している。

これを読んでいる方は運勢が良いとはどういう事だと考えますか?

今回はごぜんどころ流の運勢を解説します。

運勢とは文字通り運の勢いである。

つまり運は動く物であるということだ。

動かないものに勢いとは使わないから。

では運とは何なのか?そして、その勢いとは何なのか?

まずは「運」から説明していこう。

運は目に見えないもので、運が良いとか悪いとかよく言われている。

つまり、運とは「人の人生に良い出来事が起きるために必要な目に見えないもの」である。

ではもう少し詳しく説明しよう。運という文字を見て欲しい。

運という文字は運ぶという漢字である。つまり、運は運ばれてくるものである。

では何に向けて運ばれてくるかというと「人間」である。

運は人間に向かって運ばれてくるのである。

分かりやすく表現を変えてまとめると、運とは


「目に見えないもので人間に流れてくる良いもの」


では次に勢いの部分を説明しよう。

先ほど説明したように運は動くものであり流れるものである。

文字通り運は勢いよく流れる必要がある。それが運勢が良いという状態だ。

では流れに勢いを付けるにはどうしたらいいだろうか?

イメージしやすいので血液に例えてみよう。

血液が勢い良く流れるにはどうしたら良いだろう?

それは血液が綺麗である必要がある。つまりは汚れてドロドロの血液になっていない事が必要になってくる。

「勢いよく流れるには汚れがあると流れが悪くなるので綺麗にしましょう」

ということである。

まとめると「運は綺麗なところに流れる」ということだ。





















では、ここまで分かったらごぜんどころ流の簡単開運術を紹介しよう。

運勢が良いとは綺麗であることが必要である。

そして運は人間に流れるものである。

これを組み合わせると「運は身体の綺麗な人に流れてくる」ということだ。

ごぜんどころ流開運術ではこれを実践するのである。

つまり「身体の掃除」をするのである。















何だ!掃除するだけかよ!と思った方もいるだろうがこれが中々重要である。

例えば神社でも綺麗な所にはやはり良い気が流れており、整備のされていない

神社にはどんよりとした気が流れている。

どんなところでも綺麗なところには良いものが流れているのだ。


では、このごぜんどころ流簡単開運術のポイントを説明しよう。

「綺麗な身体=汚れていない身体」である。

つまりは汚れを掃除すれば良い。

では人間の身体で汚れが溜まりやすい所はどこだろう?

汚れが溜まりやすいランキングを紹介しよう。











第1位 口の中(歯、歯茎)

第2位 へその穴

第3位 耳

第4位 爪の隙間

第5位 鼻の穴 


第1位は食べ物を食べるのでどうしても汚れてしまう口です。

ちゃんと歯を磨きましょう。清潔な口の人はやはり良い印象を与えます。

第2位は見逃しがちなへその穴です。意外と垢が溜まりやすい場所です。

定期的に綿棒等で掃除を心掛けましょう。

第3位は耳です。耳の中も耳垢が溜まりますが、耳の穴までの周りの部分も

垢が溜まりやすい部分です。定期的に掃除しましょう。

第4位は爪の隙間です。爪の隙間はごみが溜まって黒くなりやすい部分です。

ここも定期的に掃除しましょう。

第5胃は鼻の穴です。鼻の穴の中は異物の侵入を防ぐため鼻毛が密集しています。

だから、鼻の中の奥は掃除しない方が良いが入口を洗う程度はやっても良いでしょう。


ここまでごぜんどころの主観のランキングですが5位まで紹介しました。

家の中のキッチンと同じように汚れやすい所は決まっています。

家の掃除をした時に、身体の掃除もついでにやってしまいましょう。

以上、ごぜんどころ流の開運習慣でした。